校長あいさつ

| Top page | 校長あいさつ |

校長あいさつ

kotyo.png   校長 澁澤 洋典 群馬県立大泉高等学校は明治45年1月に、群馬県立館林農業学校として創立され、その後、大正12年に群馬県小泉農業学校にと、昭和23年に群馬県立小泉農業高等学校にと、時代と共に校名が改称されて、昭和37年に現在名の群馬県立大泉農業高等学校となり、平成24年には創立100年を迎えようとしている伝統ある学校です。卒業生は1万8千余名にのぼり、農業に関する分野はもとより、政治・経済・教育等の各分野で幅広く活躍しています。
 創設当初は農業科、獣医畜産科等が中心でしたが、その後、普通科、土木科等が設置され、いくつかの学科の変遷を経て、現在は、生物生産科、バイオテクノロジー科、食品科学科、普通科の4学科となっています。校内の施設・設備が整い、緑豊かで様々な季節の花々が絶えることなく咲き誇る心和む環境の中で、3年間の高校生活が伸び伸びと送れる高校です。 
 本校は昭和20年から「愛校・礼儀・責任」の校訓を掲げ、日本はもとより国際社会で活躍できる、豊かな人間性を有する、社会に役立つような人づくりを目指して、全教職員が力を合わせて、生徒と共に日々頑張っています。また、本校には「花いっぱい運動」「校内意見発表大会・校内研究発表会」「文化祭・文化部発表会」「支援・交流活動」「農産物即売会」等の特色ある学校行事があり、生徒は積極的に参加し、それぞれの行事は活気に満ちています。また、農業クラブは毎年、県大会、関東大会、全国大会で受賞する等、活躍しています。部活動では、レスリング部、弓道部等は全国大会に出場し、野球部、テニス部、バスケット部、卓球部、演劇部等はそれぞれ活発に活動しています。
 日常の学習に加え、本校では様々な資格試験に挑戦させており、そのための補講等も行っています。また、進路のための様々なガイダンスも意欲的に実施しており、卒業後の進路は4年制大学、短期大学、専門学校に進学、あるいは就職と、それぞれの目標、興味・関心、特技、将来の生き方等によって多方面にわたっています。最近は大学に進学する生徒が増加し、4年制大学、短期大学、専門学校を合わせた進学率は65%に達しており、生徒ひとり一人が早い段階から進路に関する意識を強く持ち、各自の進路実現に向かって努力しています。
 「1日体験学習」「バイオ講座」等に限らず、常時、中学生の訪問は受け入れていますので、ぜひ本校にいらして、大泉高校を実際に見て、感じて、味わって、確かめていただければと思っています。お待ちしております。